夫の浮気相手と慰謝料


夫の浮気相手というのは、憎んでも憎みきれません。

慰謝料は夫の浮気相手にも請求することができ、社会的制裁の1つとして大きな意味を持ちます。
夫の浮気相手に慰謝料を請求するだけで、浮気相手の心を鎮めることができ、
結果的に浮気を解消できるケースもあります。

夫が浮気した場合、損害を被った妻は、貞操義務に違反した夫だけでなく、
夫の愛人に対しても精神的苦痛の慰謝料を請求することができます。

この場合、浮気が夫の愛人の誘惑によるものか、
自然発生的な愛情によって生じたものかは関係ありません。

浮気行為そのものに違法性があるとして、夫の浮気相手に対して、
慰謝料の請求をすることができます。


但し、夫の浮気相手に対して慰謝料が認められないケースがあります。

それは、夫婦関係が既に破綻している状態で、
その後、夫が異性と性的関係を持ったような場合です。

この場合、夫の愛人との浮気と、夫婦関係の破綻には因果関係が認められないので、
浮気を理由として、夫の浮気相手に対して慰謝料の請求をすることはできません。

夫と同居していても、既に家庭内別居の状態であれば、
夫の浮気相手に慰謝料の請求が認められないケースもあります。



スマホからでも気軽に無料で電話相談を受付けてくれます。

無料相談で、今の状況を詳しく話してみましょう

           先ずは、電話相談をして見る!!
        ↓   ↓

FX取引スタイル