GPS等取付けによる位置情報機器による情報収集

車両を頻繁に利用する者であれば、GPSなどの位置情報を取得するなどで
相手のだいたいの行動が掴める可能性が大きいと思いますが、
GPSの車両への取り付けにはバレないように細心の注意が必要です!


また、GPS機能付きの携帯電話やスマホなどで、居所などを特定するアプリなども、
一つの情報収集の手段と言えますが、アプリの設定などに細心の注意が必要です。

GPS等の位置情報を提供する会社等からの請求書や明細などが郵送されてきたり、
クレジットの引き落としの明細を見られてしまい、
GPSを契約している事がバレてしまう事もあります。

実家などで契約してもらう、もしくは探偵・興信所・調査会社の
レンタルGPSを利用するのも一つの方法でしょう。

※ご注意頂きたい点
車両や携帯電話があなたの名義では無い場合には、
法的に問題となりますので他の方法を利用しましょう。

また、夫婦の場合と言えども法的に問題となる可能性が生じる場合があります。
設置の際に他人の住居やガレージ等に侵入する事は
住居侵入や設置する事は器物破損などで罪に問われます。

あくまでもご自身の名義の車両や物品等に設置するという事を
前提に検討出来る一つの方法です。
これだけの証拠資料があれば、探偵社に効率良く相談出来そう!!
     ↓     ↓

FX取引スタイル